new fashion

購入かレンタルの方法

留袖購入とレンタルした場合について。

皆さんは留袖をお持ちですか。行事時に着るのに購入するかレンタルするか一度は悩まれた方はいると思います。今回は留袖の購入とレンタルで比較して書きます。まずは購入した場合です。購入代は着物と小物類代と着た後のクリーニング代と収納タンスと管理の防虫剤が必要となります。では、レンタルした場合はどうでしょうか。レンタル代のみでいいのです。レンタル時に留袖はもちろんのこと小物類もついて来る場合もあります。使用後は、そのまま返却するのでクリーニング代もかかりません。実際にクリーニング代でレンタルできる価格の留袖もあるのです。また現地へ郵送してもらえば、着物の郵送代も浮いてきます。柄も着る年代によって違いますから、その時に自分にあう留袖を選んだ方が賢い選択だといえます。

生活スペースを考えてみましょう。

結婚する際に着物を一式用意し、和ダンスも一緒に嫁入り道具に持っていっていました。現在は、住宅環境から物を収納するスペースも少なくタンスからクローゼット収納へと変わってきています。また着物を着る機会も減ってきての、節目や行事で着る物についても和服から洋服へと変わってきています。実際留袖は、着る機会が限られています。一生のうち着るのは数回ですので、長い間タンスの中での保管になるのは事実です。タンスに入れてはいますが、虫干しや防虫剤を入れておくなど日々の管理が必要となります。使用した場合には、クリーニングに出すなど費用もかかります。よっぽどの着物好きではない限りレンタルした方が賢い選択だといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加